conception

コンセプトに基づいたVI計画

Visual Identity Concepting

サービス業・飲食店出店・開業の為のVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)計画が必要な方、または開業中ですがコンセプトと店舗デザイン計画を一致させたいとお考えの方へ

コンセプトに基づいたVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)の重要性

飲食店やサービス業など企業やお店にとって※CI(コーポレート・アイデンティティ)計画、※VI(ヴィジュアル・アイデンティティ)計画はとても大切です。

※CIとは、Corporate Identityの略で、企業の特徴や個性、理念などを、体系だてて整理し、簡潔に提示したもののことです。

※VIとは、Visual Identityの略で、そのお店に関する視覚に訴えるもの全般です。

例えば、飲食店舗の外観や内装、看板、飲食店名、ロゴ、パンフレット、ホームページなど、お客様に見られる部分は、ヴィジュアルによって飲食店のあ り様をアピールする手段です。 店舗外観は高級レストランの雰囲気、中に入ると大衆居酒屋。これではお客様は「おや?」と思うのではないでしょうか? 高 級レストランの場合であれば店内の雰囲気や出てくるメニューも高級レストランにふさわしい高級感の感じられるものにしておく必要があります。
大衆居酒屋の場合、店内の雰囲気や出てくるメニューも親しみやすさが必要です。 お店のヴィジュアルに統一感がない場合、お客様にお店のイメージが正しく伝わりません。

 

サービス業、飲食店経営の皆様、ヴィジュアルの統一は大丈夫ですか?

「コンセプション」は、クライアントが持っている想いとお店のビジュアルにズレがないか確認し問題点などを調査、解決いたします。 

クライアントの「理念」や「想い」をしっかりヒヤリングし、そのコンセプトがお客様に想いがしっかり伝わるよう計画いたします。

ロゴデザイン、看板デザイン、店舗デザインまでコンセプションはお客様に一目でお伝えできるデザインを計画いたします。

「開業したい」と考えたときにただなんとなくで開業する人はいないでしょう。どういうお店にしたい等、それぞれのお店に想いがあるからこそ踏み切ったことだと思います。そういった想いこそが個性のひとつなのです。すべてのお店には個性があります。個性とはとても重要なポイントで、個性が今後のお店の将来にかかっています。
個性を持たず将来の明確な目標などを持っていない店舗はどんなによい環境でも成功するのは難しいといっても過言ではないでしょう。
「コンセプション」ではお客様とヒアリングしていく中でお店の個性を見出し、経営理念から一貫したコンセプトを店舗デザインに落とし込んでいくことで芯のあるお店をお客様と共に作り上げていきます。

 

詳しくはお問合せください
▲ PAGE TOP