「庭づくり」から「家づくり」を考える。 | blog | conception

「庭づくり」から「家づくり」を考える。

「庭づくり」から「家づくり」を考える。


↑ 新築でも優しいイメージを醸し出すエイジング塗装でナチュラルで柔らかいイメージにすることが出来ます! ↑

コンセプションの業務は店舗のコンサルティングやデザインだけではなくこだわりを持つ住宅リノベーションのお手伝いも行っています。

家づくりは様々。

リビングにこだわる方もいれば、キッチンや収納を重視するかたも。これらは当然のこと。オリジナルで創るのですから最低限のことです。



昨今人気の「家庭菜園」や「ガーデニング」

趣味にしているベランダでのガーデニング

「ガーデン(庭)にこだわりたい」

そんな方が増えています。

植物と暮らす癒しの空間

私たちは提案します。

「植物と暮らし、ガーデニングを楽しむ癒しの家づくりをしませんか?」

コンセプションでは、「ガーデンから考える家づくり」や「植物と暮らす癒しの空間」を盛り込んだ空間デザイン設計、リフォーム、または他のハウスメーカーさまとのデザインコラボレーションまで行っています。

多くの方にとって、家づくりは大きなお買いものです。
ぜひ、趣味のガーデニングや、家族を癒す庭づくりからの「家づくり」をお考えください。

私どもは、テラスや庭、箱庭、坪庭などの緑の空間を後付けで考えるのではなく、家を考えるのと同時に考えることを提唱しています。

ガーデンデザインパートナーでもある、interior & garden fleur のガーデンスタイリストとコラボレーションしながら、家も庭も同時にデザインしております。限られた敷地で室内も室外も最大限に生かしきるためには、建物(室内の空間)と庭やテラス、バルコニーとをどう組み合わせて工夫するかが大切になってきます。

たとえばLDKの間取りを考える時に、さほど広くないとしても、外の空間を室内に繋げることで開放感が生まれてきます。外の庭がどう見えるのかまで考えることで窓の形や開口部の大きさはがらっと変わってくるものです。

外部空間を視覚的に、もうひとつのリビングとして活用することは重要なデザインテクニックです。

外と中を繋げるファクターとしての窓や開口は非常に大事な役割を果たすことができます。


↑ ナチュラルエイジング塗装を施して温かい雰囲気を醸し出します ↑

予算を組む際に、本体工事にばかり集中してしまいインテリアやガーデンは何とか自分であとから・・・とお考えの方へ

・あとから何とも出来ない方が99%で癒しの空間が作れずどうしていいかわからず悩んでいるのが現実です。

工事が終わってからの予算ってほとんど奥様のポケットマネーくらい(数万円~数十万円)しか捻出できないものです。残念ですがそのくらいではとても思い描く庭造りはできません。

庭にも色々な使い方があります。ガーデンとして木や花を育てたい人。あまり手はかけれられないが、観賞用としてナチュラルガーデンを考えたい人。使える庭 としてデッキやテラスを用いてBBQなどを楽しみたい人。またサンルームやガレージなど、ライフスタイルによって使い方は無限大です。

私どもはせっかく大金を投入して造ったものが癒しの空間を造りたかったはずなのに、なぜか悩める空間になってしまったという方が増えないようにデザインプロデュースしています。

「費用はどれくらいかかるのか」「どんなデザインにするのか」「そもそも何からどう考えたらいいかわからない」
お気持ち、わかります。意外と家を建てる方は周りにいないものです。ましてや設計事務所にデザインを頼む方は本当に少数派なので、なかなかお話を聞く機会はないかと思います。

気軽に遊びに来ていただいて、お話をしませんか。

 

conceptionでは、随時相談会を承っております。
※参加は予約制となっております。
お気軽にお問い合わせください。

お問合せフォームはこちらから⇐クリック
Tel 098-868-8682
駐車場 2台