私たちのこだわり(大事にしているデザインテクニック) | blog | conception

私たちのこだわり(大事にしているデザインテクニック)

コンセプション ブログcategory: コンセプションのこだわり 

 

コンセプションがいつもお客さまに喜んでいただけている理由(わけ)は下記の七つのこだわりを大事にしているからだと考えます。

常に、オンリーワンのデザイン設計事務所であり続ける為に他の設計事務所では真似の出来ないオリジナルのデザインテクニックを追求しています。

 

■一つ目は、カラーコーディネーション。

ヨーロピアンカラーをベースにした中間色の優しいカラーを複合的に使用し、エイジング塗装や、アクセントカラーに使用します。

ベージュグレーの優しい色使いや「コンセプションブルー」と呼ばれているグレートーンが混在したブルー色も好評です。

 

■二つ目は、照明計画へのこだわり

通常の日本メーカー品を使うより、日本内外から照明器具を買い付けし使用することで、オリジナルな照明空間を創ることを意識しています。

「照明の重要性」、「コンセプションのミッション」もご確認ください。クリック☜

 

■三つ目は、ドアや窓のデザインへのこだわり

つながりのデザインの重要性を考えると窓やドアは「空間」と「空間」をつなぐとても大事なファクターです。キチッとデザインすることで他とは違うすてきな仕上がりになります。

 

 

■四つ目は、ロートアイアンやステンドグラスを使用したデザイン

オリジナルなアイアンをデザインし制作することよりも安くて使いやすい既製品のアイアン製品を毎年、日本内外から買い付けし、組み合わせやプラスアルファーのデザインを付加しオリジナルデザインへとアレンジしています。

ステンドグラスはアートステンドワークのスペシャリストとコラボしています。デザインをコンセプションで起こし、本物の3分の1以下の価格で加工制作しています。

 

■五つ目は、アートコンクリートのオリジナルデザイン

スタンプコンクリートを進化させ、オリジナルのテクスチャーを追求。木目調や石目調、岩風、漆喰風など表現は多岐にわたります。

琉球石灰岩風のテクスチャーは汚れが付きづらく、シミなども発生しないため、本物より良いと評判です。

 

■R重視~角は落とす主義

コンセプションは丸(アール)が好きです。角(カド)があまり好きではありません。

なぜなら、角一つで全体の雰囲気が変わるのです。

もちろんケガ防止などの意味合いもありますが、角があるのとないのとでは風合いや空間全体の雰囲気も全く違います。

たかが角と思われるかもしれませんが出来上がりの空間の出で立ちや雰囲気を左右する所ですのでここは譲れません。

conception_kodawari2

 

■七つ目に、グリーン(植栽)デザイン計画、アイアン等、備品計画

とても重要です。予算の面など後回しにされがちですが、はじめから計画しておくことをお勧めします。

ライフ&フラワーショップ フルール(☜クリック)のガーデンstylistとのコラボレーションや独自の植栽計画を行っています。