conception

ガーデン・グリーン計画

Lighting Design Coordinate
現在お住まいの住宅や開業中の施設の照明に満足いかない方
進行中のプランにデザインを加えたいという他社とのコラボレーションをお考えの方へ
For those who are not satisfied with the lighting in their homes or stores.

照明(灯り)の重要性
Importance of Lighting

空間デザインをする上で、 成功のカギを握るのが「灯りのデザイン計画」と言っても過言ではありません。

空間を利用する人にどのような印象を持ってもらうか、 どのように過ごしてもらえるかは、灯りでコントロールすることができるといってもいいでしょう。
目に入る灯りの見え方で、無意識に人は大きな影響を受けます。

It is no exaggeration to say that the key to success in space design is the "lighting design plan.
It is fair to say that lighting can control the impression people have of a space and how they spend their time.
People are greatly influenced subconsciously by the way lights appear to their eyes.

⇑⇑⇑ 照明デザインの施工事例写真はこちら ⇑⇑⇑
more detail click here

 

 

商空間の灯り
Store Lighting Plan

商空間の場合、空間全体を明るくすることで客の回転率を高くすることができます。

逆に、照度を下げて暗めに演出するとゆったりとした時間を提供できます。お店のスタンスやコンセプトに合わせて、照明デザイン計画にも十分に注意を払うことが大切です。

In the case of a commercial space, brightening the entire space can increase customer turnover.
Conversely, reducing the illumination level and creating a darker effect can provide a relaxing atmosphere.It is important to pay sufficient attention to the lighting design plan in accordance with the stance and concept of the store.

 

⇑⇑⇑ 商空間の照明デザイン施工事例写真はこちら ⇑⇑⇑
more detail click here

 

 

住空間の灯り
Living Space Lighting Plan

住空間の場合、キッチン、家事室などの作業スペース以外 は、できるだけ最小限の照明に抑えることで満足度や癒し指数を高くします。
出来るだけ直接目に入る光源は避け、やさしい色味での光の演出をご提案いたします。

In the case of a living space, minimizing lighting as much as possible, except in work areas such as kitchens and housekeeping rooms, will increase the level of satisfaction and healing.
We suggest avoiding light sources that directly enter the eyes as much as possible and using gentle colors to produce light.

⇑⇑⇑ 住空間の照明デザイン施工事例写真はこちら ⇑⇑⇑
more detail click here

 

 

コンセプションがご提案する照明計画
Lighting plan by Conception

「明るい」ことが戦後復興のステータスであった日本の照明計画では、真っ白な街頭、深夜まで煌々と照らす路面店の光のように、しばしば明るすぎる照明プランを見かけることがあります。
時代の流れを考えると、昔ながらの情緒ある暖かな行灯(あんどん) 文化に戻り変わって行くべきだと思います。

そんなに難しいことではありません。
アパート、マンションの共有通路の照明を暖かな色味の電球色の器具に置き換える。
窓から外に漏れる明かりを電球色に変更する。
ひとりひとりが照明に関心を持ってくれるだけで変わると考えます。

他の設計事務所と計画中の場合でも、コラボレーションでのデザインをご提案することも可能です。
まずはご相談ください。

 In Japan, where "bright" was the status quo of postwar reconstruction, we often see lighting plans that are too bright, such as the pure white streets and the lights of street stores that twinkle until late at night.
Considering the trend of the times, we should return to the traditional warm and emotional lantern culture of the past.
It is not that difficult.
Replace the lights in the common corridors of apartments and condominiums with warm-colored light bulbs.
Change the lights leaking out of windows to light bulbs.
We believe that just getting each person to take an interest in lighting will make a difference.
Even if you are planning with another design firm, we can propose a collaborative design.
Please contact us first. 

⇑⇑⇑ 照明デザインの施工事例写真はこちら ⇑⇑⇑
more detail click here

 

 

 

ガーデン・グリーン計画 Work flow
(初回打合せから竣工引き渡しまでの基本的な流れ)

01

お問い合わせ
mail contact form

ご紹介、又はお電話、ホームページお問合せ、メールにてのお問い合わせ。

02

オリエンテーション
orientation

コンセプション事務所へ来ていただく、またはZOOMにて相談内容をお伺い致し、費用感、提案スケジュール等を提示致します。(無料相談会)

ご相談の際、ご予算やイメージ等お客様の「想い」をお伝えください。
ご提示していただいたご予算やイメージを元に、費用対効果等、あらゆる面からお客様に最適なご提案をお約束致します。
その際に・・・
お問い合わせ頂いた情報を基に詳細をお伺い致しますが、可能でしたら物件の写真や現状図面をお持ちください。

 

**この段階でプレゼンテーションを行うことが決まれば(プレゼンテーション提案料)が必要になります。
~最低着手金額 10万円(税別)から50万円~※規模により変動がありますので事前にご相談ください。

03

現場調査
site investigation

必要に応じ、現場寸法取り及び設備のチェックを行います。
その際に・・・
プランニングする上での現場の正確な寸法を取り、ご要望の内容をプランに反映していきます。

04

プレゼンテーション
presentation

平面図とデザインイメージの確認を致します。

その際に・・・
ご要望を組み込んだ平面図の確認・承認をして頂き、イメージ写真にてデザインの方向性を確認して頂きます。

05

基本設計・実施設計
basic / detailed final design

照明関連図面を確認して頂き、見積もりの確認を行います。
その際に・・・
照明計画図・展開図・系統図等、必要図面の詳細内容をご確認頂き、再度ご要望の内容を確認し実施設計等へ反映していきます。

基本設計一例へ<br> basic design example

06

見積提出・金額調整
quotation / ajustmet

弊社提案の照明器具お見積りを提示金額の調整を行います。
金額調整終了後、注文書・請書を発行し契約いたします。

07

商品(照明器具)発注・納品
ordering / deliver

照明計画図で決定した内容を基に工事スケジュールに合わせて照明器具を発注し現場を確認し納品いたします。
コンセプションの仕事は納品を終えたあとも続きます。
納品後も、問題が起きていないかなどフォローしていくのがコンセプションの役目です。問題点などが生じましたら商品の交換や新たな提案なども行っていきます。

詳しくはお問合せください