リノベーションとリフォームの違い | blog | conception

リノベーションとリフォームの違い

コンセプション ブログcategory:よくある質問

Q:リノベーションとリフォームの違いって何ですか?教えてください。

 

A:引用※『ウィキペディア(Wikipedia)』

リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉である。どちらも住宅に手を加える点では同じだが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがある。

リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。

一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。

英語ではどちらも「renovation」であり、reformは住宅の改修という意味では使われない。つまり、リフォームは日本でのみ使える和製英語(造語)ということになります。