新築?リノベーション?リフォーム?いくらかかるの?  | blog | conception

新築?リノベーション?リフォーム?いくらかかるの? 

コンセプション ブログcategory:よくある質問 Q & A

Q: 新築?リノベーション?リフォーム?相場はいくら? 

 

~A: 新築やリノベーション?リフォーム?って、いったい総額でいくら必要なのか・・・? 知りたいのは当然ですよね

リノベーションとリフォームの違いについて知りたい方はこちらを ☞クリック☜

建築業界、インテリア業界とも業界に携わる私たちでももどかしくなるくらいわかりづらい難解な見積もりや説明が多いのが現状だと思います。

なぜ・・・、A~1,000万円、B~1,500万円、C~3,000万円などのように明確なランク分けが出来ないのか?

それは、建築というものがクライアントひとりひとりの為のオートクチュール製品で、すべて規格品の工場大量生産とは違うこと、現場やそこに関わる人間の労働費(人件費)の割合が工事金額の半分以上を占めること、建材の費用が変動すること、などいろいろ複合的な理由があります。

私共、コンセプションは、ご予算の枠で夢を実現することが本当に大切なことだと思っており、デザインと同様にコスト管理も大事な業務のひとつです。ご要望があれば、無理のない資金計画のお手伝いもします。 設計契約時には計画全体のすべてコミコミの概算見積もりをご提出し、その予算を超えることがないよう最後まで注意をはらいます。

家づくりに入った段階で、家のイメージがだんだん具体的になってくると今まで以上に夢が膨らんでくるものです。この時に本当にそれが必要なものなのか、使うものなのか。使うものであれば、コストを抑える方法や代替案を出すのも私たちの役目です。
時には、オーナーにとっては仕分け人的な厳しい存在になるかもしれません。クライアント側の立場では妥協という選択も必要になると思います。

そして、具体的に家を創る総予算の話ですが……よく『坪単価○○万円』と広告で謳っている業者さんもいますが、多くの場合は家の本体工事のみの価格です。実際に見積もりをとってみると最低限の仕様をベースに考えられたプランが提出され、満足するレベルにするためには多数のオプションを選ぶことになってしまい、結局高額になることがよく知られています。お庭はもちろん外構費や法的な費用など他の諸経費など入っていないケースもあります。

私共、コンセプションで建築デザインのプロデュースをする場合(構造、申請業務等、外部一級建築士事務所とのコラボレーション業務となります)、デザイン設計、設計監理料と本体工事費、付帯工事費、法的諸経費などすべて含め、おおよそ坪あたりの建築総予算は70万~120万になります。

付帯工事費には、コンセプションオリジナルテイストを演出するための、照明器具・造作家具工事費・オリジナルアートワークス工事費・空調設備工事・ガーデン外構工事費までもが含まれますので、一般的な建築本体工事(家本体のみ)だけでの坪単価とは大きく異なります。

リフォームデザイン工事の場合は坪単価30万~80万になります。

リフォーム工事もピンキリで既存の躯体等を残しながら解体する場合と内部全面リフォームする場合と、比べると以外に部分改装の場合の方が設計、施工共に手間がかかる業務が増える分、割高になる場合もあります。

一般的にリフォーム工事のメリットは新築より早く着工出来、工事期間も短くなることが挙げられますが、既存の図面が紛失していて手元になかったり、既存図面と既存の建物との内容があっていない場合なども時間がかかる要因となり割高になることがあります。
デザインリフォーム工事費の場合は50坪の工事床面積で1,500万~4,000万というラインが一番多い価格帯です。

建築にかかる費用は高額です。・・・が、家に住んでから大事なことはそこで癒されることです。
何かが足りない空間にならないよう、本体工事だけではなく、外部空間と内部空間を繋ぐデザイン(空間を広く感じさせるためにも重要です)そして、緑の基本デザインを設計に組み込むことをお忘れなく!

コンセプションHP TOPへ  デザイン実績へ  企画書一例へ