デザイン設計会社 と 設計施工会社 どちらを選ぶ? | blog | conception

デザイン設計会社 と 設計施工会社 どちらを選ぶ?

2017コンセプション ブログcategory: よくある質問 Q&A

Q: デザイン設計だけを行っている会社と設計も施工も一括で行っている会社、一体何が違ってどんなメリット、デメリットがあるんでしょうか?

~A: 内装工事の設計を依頼する上で多くの人が一番悩むことが設計と施工を分けるのと分けないのと何が違うのだろう?と思っていると思います。それぞれに一長一短があります。今回はそもそも内装会社にはどのような種類があるのか、また会社それぞれの一般的な特徴を説明します。

内装工事会社は大きく分けると以下の3つのタイプがありますが、それらを区別する会社の境界は非常に曖昧で分かりにくいものです。まずは3つの基本的な会社の種類を抑えます。

 

① デザイン設計会社(コンセプションはこちらのタイプに近いです)

デザイン設計会社は空間設計やデザインを手掛け、施工はクライアントが別の会社と契約し依頼します。

デザイン会社へ空間設計を依頼するメリットとしてはデザインのプロであるため、ブランディングや動線も含めてクオリティの高いデザインがあがってくること、デザインと工事が別になるため見積りを数社からとって比較したり、監理と施工の役割分担がはっきりすることによってしっかりした工事監理を期待できるというのがメリットです。

デメリットとしては通常、デザインコンセプトが決定し図面が出来あがってから工事の見積りをとることになるため、時間がかかることです。またデザインを気に入ったとしても、予算に収めるために妥協したり諦めなければいけないことが出てくることもあります。

※コンセプションでは上記のデメリットを解消する方法として、弊社指定施工業者をデザインの段階から同時に動いてもらうことで見積もりや職人の段取りなど早め早めに行ってもらうことも出来ます
また、1,000万円以下の小工事で全体監理の窓口を一つにしたい等のクライアント要望がある場合は工事を含めて請け負うこともございます。(原則的には協力施工業者を紹介する、または相見積りによる施工業者選定を行っています)

設計費・デザイン費用に関しては会社によって基準があります。工事とは別に設計費やデザイン費を払うことに抵抗のある人もいるかもしれませんが、見積り書がデザインと工事で2種類に分かれるか1種類の見積もりの中に設計費を含むかのだけの違いで総費用自体はそんなに変わらないことがほとんどです。

☞☞☞設計費・デザイン費用、業務内容についてはこちらのトピックをクリック☜☜☜

② 施工会社

施工会社では基本的にデザイン設計は行わず、実際に施工する職人さんを段取りし、監理マネジメントする会社です。

より現場に近い形で空間づくりを行っており、実際に施工する職人さんへ直接依頼するため、費用を抑えることができます。店舗設計の場合、居抜きで内装をほぼそのまま使う場合など(デザインがいらない場合)は施工会社に依頼する方がスピードも早く、安くオープンを迎えることができます。
デザイン設計も受注している施工会社は、図面制作を外注している可能性が高いです。その場合は直接デザインに関して打ち合わせが出来ない為、クライアントがデザインに対してこだわりがある場合、納得できる設計にならない可能性が高いのでクライアント自身で設計会社に依頼したほうが好みのデザインを選べて効率がいいでしょう。
また自社でデザインしていることもありますが、クオリティーには期待できないことが多いです。
よってデザインも工事も必要な場合は、自社で設計会社、施工会社に依頼するか、もともと1つになった設計施工会社に依頼することをお勧めします。

③ 設計施工会社

「設計施工」と呼ばれる会社です。空間のデザイン設計だけではなく、施工(監理)も自社で行います。そのためスピードが速いことがメリットです。デザインと工事の見積り書が同時に出てくるため、予算のすり合わせや打ち合わせの回数を少なくすることが可能な場合が多いです。開業までの期間がほとんどない場合などは、こちらの方がい良いかもしれません。

その分、設計監理と施工監理を同じ業者が行うため、良心的な会社を選ばないと費用の面で不安が残るのがデメリットです。設計施工の会社に依頼する場合は他のプロからもアドバイスを貰ったり、以前に仕事した人の話を聞くなどして信用できる会社かどうか確かめるようにしましょう。

 

内装工事では、デザイン設計会社と施工会社は分けるべきなのか?

内装工事の依頼方法には、一般的に①デザイン設計会社と②施工会社それぞれに分けて依頼するパターンと③設計施工会社に一括で依頼するパターン2種類があります。

それぞれ、特徴が異なりますので、メリット・デメリットを見ていきましょう。

デザイン設計と施工を同じ会社に依頼すべき人

デザイン設計と施工を違う会社に依頼すべき人

結局、内装工事会社はどのように選べば良いのか?

内装会社の種類は把握いただけたでしょうか?これまでそれぞれの一般的な特徴をご紹介してきましたが、設計と施工が同じでも時間をかけてデザインにこだわった事例もあれば、デザイン会社と施工会社を別にしてスピーディーに仕上がった事例もあります。

内装工事会社は設計・施工を分けるべきか同じにすべきかという迷いは、上記のような例外もあるため、その都度状況に合わせて依頼方法を選んでいるのが現状です。自社の予算や状況に合わせて内装業者の依頼方法を選択するのがベストでしょう。優先事項(時間的制約、メンテナンスまでの窓口を統括したい、こだわりのデザイン、設計会社や設計デザイナーとの相性・感性の一致等)を何か見極めることが第一歩だと思います。