fbpx リノベーションとは?リフォームとの違いやリノベ事例を解説! | conception blog | conception

リノベーションとは?リフォームとの違いやリノベ事例を解説! | conception blog | コンセプション

リノベーションとは?リフォームとの違いやリノベ事例を解説!

皆さんは、リノベーションについてどのような印象をお持ちでしょうか。

不動産の広告やテレビのDIY番組などで耳にしたことがある単語かと思いますが、リフォームと混同されることもしばしば・・・
リノベーションとリフォームは、どちらも物件の“改修”を指す言葉ではありますが、具体的にどのような意味合いを持つのか、きちんと説明できない方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、リノベーションとリフォームの違いを解説しながら、リノベ事例をご紹介いたします!

リノベーションとは

リノベーションは、古い建物を修繕しつつ、新しい機能やイメージを取り入れる改修方法です。

建物の内外部の機能を、新たな用途にあわせて再構築することが主な目的です。

例えば、リノベーションプランに合わせた給排水設備や電気設備のやり替え、断熱材の追加、外壁の強化、レイアウトの変更なども含む、大掛かりな工事を指すことが多いです。

リノベーションのメリットとデメリット

リノベーションのメリット

リノベーションでは、「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」ことを目的とし、より良く作り替えるという意味合いも含まれています。
これにより、建物の価値が向上し、快適性やエネルギー効率が向上する可能性があります。ただし、リノベーションにはリフォームよりも高いコストと時間がかかることが一般的です。

リフォームとは

リフォームは、既存の建物や住宅の一部分を変更、改善する改修方法で、特定の部屋やエリアに焦点を当て、その部分を新しくすることが目的です。

例えば、キッチンやバスルームの改装、壁の塗装、床の張り替えなどがリフォームの一部として挙げられ、主に表層替えを指すことが多いです。

リフォームのメリットとデメリット

リフォームのメリット

リフォームのデメリット

老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を目的とする場合が多く、元に戻すための修復の意味合いが強くいため、不具合箇所への部分的な対処となることがほとんどです。
適応範囲が部分的であるため、比較的安価に短期間で施工を完了することが可能ですが、表層的な内装の修繕工事や設備機器の取替がメインのため、建物全体の外観や構造の大きな変更や全体的な価値向上は望めません。

リノベーションとリフォームの費用相場

コンセプションの無料相談会でお客様からよくある質問として、費用感を聞かれることがあります。

費用相場といっても、部分的なのかフルリノベーションなのかで金額も大きく変わります。大きく間取り(レイアウト)を変えたり、設備を新しく取り換えれば、規模の大きい工事になり費用も高くなります。

リノベーションとリフォームの費用相場


リノベーション

相場 50~80万/坪

リフォーム

相場 30~60万/坪
※あくまでも目安です。選ぶ資材のグレードや、施工ボリュームにより変動あり。

この表は、坪単価という指標で算出した目安の費用です。
坪単価とは、工事費用を施工面積一坪(約3.3㎡)当たりで割って算出した平均費用の事を指します。

10坪の施工範囲に1000万円の施工費がかかる場合の坪単価の場合

1000万円 ÷ 10坪 = 100万/坪  

つまり一坪あたり100万円の費用がかかるという事がわかります。これが坪単価です。

特に最近の建築事情は、資材の高騰化により年々工事費も上昇しています。1,2年前の施工費の基準で金額をお伝えしていても、今は状況が違うということもあります。
施工をご希望の場合は余裕を持って予算を組んでおくことをオススメいたします。

リノベーション施工事例

コンセプションのリノベーション施工事例をご紹介いたします。
詳細は、Webサイトの [design works] からご覧ください。

オフィスリノベーション施工事例


座波商会さま/マチナトハウジングさまオフィス

別々のフロアにあった3企業を1つのエリアにまとめたいということでご依頼をいただきました。
共用の執務室・会議室・応接室・リラックススペースを設け、ルーバーや造作壁を作りながら各企業への来客の動線が重ならないようレイアウトしました。
リラックススペースと会議室の間には可動パーティションを設け、パーティションを開けることで写真のように大人数でのミーティングができるよう設計しました。

とよみ保育園さま執務室

保育園の執務室(職員室)のリノベーションを行いました。
働き方改革の中で、事務所的空間ではなく少しでも緑を感じる癒やしの場を作り、職員が保育現場とのオンオフをつけることのできる空間にしたいということでご依頼いただきました。

絵本に出てくる森の中にいるようなデザインを取り入れ、職員だけでなく保護者も安心して過ごせる空間を目指しました。奥には一息付けるカフェカウンターを作り、職員同士のコミュニティスペースを設けました。園長室の増築やガーデンデザインも行いました。

宿泊施設リノベーション施工事例


久茂地天使館さま

マンションの2フロア(計6部屋)を宿泊施設としてリノベーションしました。
リピーターのお客様も毎回新鮮な気持ちで宿泊が出来るよう、1フロアに間取りの違う3部屋を造り、部屋別でアクセントカラーを変えたご提案をさせて頂きました。

壁を照らすダウンライトや間接照明が柔らかな光で空間を照らし、アンティークなブラケットライトがダイニングテーブルを照らします。元々の配管を大きく動かさずにキッチンやトイレを作り替え、居心地・使い勝手のいい空間に作り変えました。

住宅リノベーション施工事例


Yさま住宅

二世帯住宅でご夫婦の両親が住まれていた部分を、今後介護が必要になった時のことを踏まえてリノベーションを行いました。
既存壁を解体して全面窓に作り変えることで庭を一望できるようにしたり、仕切られていた洗面・浴室の壁と段差を取り払い、バリアフリーを考慮した洗面・浴室空間に作り変えたりしています。
普段二人で過ごすときも家族や友人が集まるときも、使いやすく過ごしやすいレイアウトをめざしました。

店舗リノベーション(改修)施工事例


ナゴパイナップルパークさまワイナリー

ナゴパイナップルパーク内のお土産施設の一つを、ワインショップとして作り変えました。
元々の天井の高さを活かし、14mの巨大なアートオブジェを空間の中央に設けました。エリアを象徴するインパクトのあるパイナップル型オブジェです。
元々ディスプレイ棚の装飾だった半円状の照明を再利用し、向きを変え壁に取り付けました。既存の物を再利用しながらブラッシュアップさせ、歴史を受け継ぐ空間に仕上げました。

まとめ

リノベーションは建物全体の機能改善とアップグレードに焦点を当てます。
リフォームは部分的な表面上の改善に焦点を当てます。

どちらの方法を選択するかは、改修工事の目的、予算、および完成のイメージに依存します。建物の状態と目標に合わせて最適な選択を検討することが重要です。

私たちについて

私たち(株)コンセプションは、店舗デザイン・店舗設計を得意とした「商・住空間 デザイン設計事務所」です。

コンセプトから一貫して全体デザインを行い、メッセージ性のある店舗を作り上げていきます。

見た目だけの設計ではなく、 機能設備・導線計画・コスト面など、ありとあらゆる方向からデザインし、ロゴ作成・サイン計画などのグラフィック要素やガーデン・植栽計画など、店舗に関わるものすべてをトータルしてデザインいたします。

どんな小さなご相談でもお気軽にお問い合わせください。

沖縄、那覇のデザイン設計事務所、コンセプションの事務所です。

-------------------------

Instagramも更新中! ☞ @design_office_conception

現場進捗や事務所の猫ちゃんの様子をストーリーズに載せているので、ぜひご覧になってください。

-------------------------

■ 関連記事 ■

おしゃれな店舗は外観が決め手!ファサードデザイン事例集5選

おしゃれな飲食店の内装事例集|集客につながる店舗デザインのコンセプトを解説!

店舗設計と店舗デザインの違い

デザイン設計費と業務内容について

デザイン設計会社と設計施工会社 どちらを選ぶ?

設計監理と施工管理の違い